雇用問題を考える : 格差拡大と日本的雇用制度

大竹文雄 著

本書は、日本の分配問題、雇用問題を、経済学の立場から一般読者にわかりやすく説明することを目標としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中流層崩壊論は本当か(雇用問題と中流層崩壊論
  • 日本はアメリカよりも不平等なのか
  • 高齢化が不平等化の主因
  • 技術革新と賃金格差
  • 既婚女性の働き方の変化
  • なぜ格差拡大を実感するのか
  • パートタイム・フルタイム格差
  • むすび)
  • 第2章 日本的雇用システム(雇用不安
  • 日本的雇用慣行は変化しているのか
  • 年功賃金制度は「ねずみ講型賃金制度」だったのか
  • 年功賃金をどう理解するか
  • 年功賃金と能力主義
  • 日本的雇用システムの崩壊ではなく雇用システムの多様化)
  • 第3章 雇用不安解消のための政策(雇用不安の背景
  • 解雇法制
  • ジョブマッチング機能の強化
  • 転職抑制的税制・企業年金制度の改革
  • 転職抑制的税制・企業年金制度の改革
  • 紛争処理システム
  • 真の雇用不安解消策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雇用問題を考える : 格差拡大と日本的雇用制度
著作者等 大竹 文雄
大阪大学創立70周年記念出版実行委員会
書名ヨミ コヨウ モンダイ オ カンガエル : カクサ カクダイ ト ニホンテキ コヨウ セイド
書名別名 Koyo mondai o kangaeru
シリーズ名 大阪大学新世紀セミナー / 大阪大学創立70周年記念出版実行委員会 編
出版元 大阪大学出版会
刊行年月 2001.3
ページ数 86p
大きさ 21cm
ISBN 4872591046
NCID BA51172914
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20240448
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想