続撰和漢朗詠集とその研究

柳澤良一 編著

本書は、平安時代の和漢朗詠集・新撰朗詠集の後を継いで編纂された、典型的な近世の朗詠集である『続撰和漢朗詠集』についての研究書である。書名に「朗詠」とはあるものの本来の朗詠とは関わりが薄く、むしろ奈良・平安時代の漢詩文や和歌、唐宋の詩文のアンソロジーといった内容の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『続撰和漢朗詠集』について-近世の朗詠集の一典型
  • 本文篇(続撰和漢朗詠集
  • 典拠等一覧・校異)
  • 索引篇(漢詩索引
  • 和歌索引
  • 作者索引
  • 検字表)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 続撰和漢朗詠集とその研究
著作者等 柳沢 良一
書名ヨミ ゾクセン ワカン ロウエイシュウ ト ソノ ケンキュウ
シリーズ名 続撰和漢朗詠集 265
研究叢書 265
出版元 和泉書院
刊行年月 2001.2
ページ数 424p
大きさ 22cm
ISBN 4757600879
NCID BA51148341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想