近代ロシア文学の成立と西欧

白倉克文 著

従来の日本になかった、本格的研究。カラムジン、ジュコフスキー、プーシキン、ゴーゴリ。ロシア文学の基礎をなし、それを世界的現象にまで高めたかれらは、いかにして西欧と接し、どのようなものを享受したのか。西欧世界の摂取を通じ、近代の相克そのものを体験せねばならなかったロシアを微細に描きだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ロシア作家の西欧文化体験(カラムジンとイギリス-十八世紀後半のロシアにおける西欧文化受容の一例
  • ジュコフスキーの翻訳活動-十九世紀前半のロシアにおける西欧文学受容の一例
  • プーシキンとイギリス文学-ロシアにおける西欧文学受容の到達点
  • ゴーゴリにおける西欧とロシア-ロシアにおける反西欧感情の顕在化)
  • 第2部 ロシア・イギリス文化交流の諸相(ロシア・イギリス文化交流の史的展開
  • バイロンとムアが十九世紀ロシア文学に与えた影響について
  • ロシアにおけるウォーカー、クレアモント、およびボロー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ロシア文学の成立と西欧
著作者等 白倉 克文
書名ヨミ キンダイ ロシア ブンガク ノ セイリツ ト セイオウ
出版元 成文社
刊行年月 2001.2
ページ数 254p
大きさ 20cm
ISBN 491573028X
NCID BA51142403
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158040
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想