友情の文学誌

高橋英夫 著

文学者へ成長する漱石と子規。鴎外が遺書筆録を託した賀古鶴所。「近さ」からドラマを生んだ芥川たち。志賀直哉ら師を持たない白樺派の世代。漢詩の世界、ギリシア・ローマ以来の言説にも目を配りながら、遭遇、切磋、別離など交流の綾を読み、日本近代文学の重要な局面をたどって、教養・信頼が育つ人間関係の空間をみつめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 友情の遠近法-漢詩の世界
  • 漱石と子規
  • 鴎外と若き友-年齢差が生みだした友情
  • 鴎外と賀古鶴所
  • 第一のインテルメッツォ 青春の友から円熟の友へ-精神史的に
  • 芥川龍之介とその周辺
  • 「師弟」と「友情」の織物-耽溺と確執
  • 作品の中の友情-漱石・鴎外ふたたび
  • 白樺派の人々
  • 第二のインテルメッツォ さまざまな友人たち
  • 小林秀雄の世代
  • フィナーレ 白洲正子、そして吉田健一

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 友情の文学誌
著作者等 高橋 英夫
書名ヨミ ユウジョウ ノ ブンガクシ
書名別名 Yujo no bungakushi
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.3
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4004307201
NCID BA51134733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20169194
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想