埋もれた港

千田稔 著

舟運による流通の有利さが都市機能に大きく作用し、古代国家建設の際にも考慮された。しかし、気候や地殻の変動により港は水没してしまう。地形図など豊富な資料を駆使してその経過を追跡研究した気鋭の名著を再現。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海と舟、そして港
  • 難波津と住吉津
  • 那ノ津とその周辺
  • 五泊の位置
  • 国津と国府津
  • 郡家と港
  • 畿内周辺の内陸水路と港
  • 駅と港津
  • 港と古代国家-むすびにかえて
  • 古代イタリアの港

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 埋もれた港
著作者等 千田 稔
書名ヨミ ウズモレタ ミナト
書名別名 Uzumoreta minato
シリーズ名 小学館ライブラリー
出版元 小学館
刊行年月 2001.2
ページ数 308p
大きさ 16cm
ISBN 4094601392
NCID BA51118883
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20136420
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想