論争の哲学史 : カントからヘーゲルへ

W.イェシュケ 編 ; 高山守, 藤田正勝 監訳

本書は、一八〇〇年前後に行われた美学、超越論哲学と思弁、宗教、文学と政治をめぐる論争を、部分的にではあれ再構成し、個人、あるいはその一つの著作という枠を超えて、それらの前提となっていた問題連関、そしてそれらによって生み出された問題連関に、再びまなざしを向けることを試みた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アプリオリな総合-一七八一年から一八一七年の間の第一哲学について
  • ヘルダーと形而上学
  • ブーターヴェクの論証法の構想
  • フリードリヒ・シュレーゲルの超越論哲学講義
  • ヤコービの「フィヒテ宛」書簡(一七九九年)
  • C.L.ラインホルトの「体系転換」-J.G.フィヒテとの対決のなかで果たされた、知識学からバルディーリの合理的実在論への転換
  • 感情と反省-超越論哲学に対するシュライエルマッハーの態度‐カントおよびフィヒテに対する同時代の批判の文脈の中で
  • シェリングの超越論的観念論における思弁的アプローチ-超越論哲学の観点におけるシェリングの超越論哲学と自然哲学をめぐる闘い
  • 思弁的観念論の成立-一八〇〇年から一八〇一年の間に生じたシェリングとヘーゲルの変化〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論争の哲学史 : カントからヘーゲルへ
著作者等 Jaeschke, Walter
藤田 正勝
高山 守
イェシュケ ヴァルター
書名ヨミ ロンソウ ノ テツガクシ : カント カラ ヘーゲル エ
書名別名 Transzendentalphilosophie und Spekulation
出版元 理想社
刊行年月 2001.2
ページ数 425, 4p
大きさ 22cm
ISBN 4650105269
NCID BA51114281
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20161973
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想