アンビバランスの社会学

辻正二 著

本書は、R.K.マートン、W.E.B.デュボイス、H.S.ベッカーという三人のアメリカ社会学者の研究と、黒人社会学者たちの諸説を展開したものである。社会学研究や学問につきものであるアンビバランスな性格に対しても、焦点を向けた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アンビバランスの社会学
  • 第2章 マートンの中範囲の理論の成立と展開
  • 第3章 マートンの「初期」社会学の構成
  • 第4章 マートンの科学社会学と自己例証モデル
  • 第5章 マートンの知識と友情の社会学
  • 第6章 マートンの差別と逸脱の社会学
  • 第7章 W.E.B.デュボイスの社会学と都市研究
  • 第8章 黒人社会学の展開とインサイダー教義の問題
  • 第9章 H.S.ベッカーの社会学とラベリング論
  • 第10章 ベッカーの負け犬的視座とその問題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アンビバランスの社会学
著作者等 辻 正二
書名ヨミ アンビバランス ノ シャカイガク : アメリカ シャカイガクシ ダンショウ
書名別名 アメリカ社会学史断章
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 2001.3
ページ数 299, 11p
大きさ 22cm
ISBN 4769909349
NCID BA51106272
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想