蓮如「御文」読本

大谷暢順 著

蓮如が認めた御文は、衰微していた本願寺を再興し、真宗繁栄の道筋を拓く切り札となった。真実の信仰とはいったいどんなものなのか。深い愛と智恵に満ち、信じる事の法悦を謳う伝道の書で、親鸞の教えと蓮如の全思想が凝集されている御文十通を、本願寺門跡、蓮如研究の第一人者が、一語一語丁寧に読み解き、真宗信心の要訣を描き示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 五帖目第十通-聖人一流の章
  • 五帖目第十一通-御正忌の章
  • 五帖目第十三通-无上甚深の章
  • 五帖目第十四通-上〓下主の章
  • 五帖目第十五通-阿弥陀如来本願の章
  • 五帖目第十六通-白骨の章
  • 五帖目第十七通-一切女人の章
  • 五帖目第十八通-当流聖人の章
  • 五帖目第十九通-末代悪人の章
  • 五帖目第二十一通-経釈の明文の章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 蓮如「御文」読本
著作者等 大谷 暢順
書名ヨミ レンニョ オフミ ドクホン
書名別名 Rennyo ofumi dokuhon
シリーズ名 御文章
講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2001.3
ページ数 271p
大きさ 15cm
ISBN 4061594761
NCID BA51077298
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20166418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想