死の社会学

副田義也 編

ガン死、震災などによる災害死、あるいは自死による死は、遺された家族にどのような影響を及ぼすのか。自らの生き方の選択としての死後献体、慰霊鎮魂など死者との精神的交わりの問題、葬送儀礼の変容など、さまざまな角度から死の社会的・文化的な意味について究明する。長年の調査研究の成果に基づくパイオニア的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ガンによる死と死別体験(ガン告知と家族
  • 死にたいする四つの感情表出類型
  • ほか)
  • 2 地震災害のなかの死の諸相(震災の体験と物語
  • 死別体験の博物誌一九九五年一月一七日・神戸)
  • 3 子どもの死別体験(自死遺児について
  • 子どもの心の世界-震災遺児たちの絵から)
  • 4 日本文化と死の社会学(「自分の死」の選択としての献体
  • 近代化と葬儀の変化 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死の社会学
著作者等 副田 義也
書名ヨミ シ ノ シャカイガク
書名別名 Shi no shakaigaku
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.2
ページ数 350p
大きさ 20cm
ISBN 4000233556
NCID BA51051283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想