東京都市計画物語

越澤明 著

大都市にふさわしいインフラと、品格のある魅力的な景観を持つ「東京」の実現のために、情熱をかたむけ奔走した人々がいた。幻の帝都復興計画の立役者・後藤新平、外苑の並木道や隅田公園を作り上げた折下吉延、井荻地区の区画整理を推進した内田秀五郎など。理想と情熱のかぎりを傾けて作り上げられたさまざまな都市計画は、どのように実現され、また挫折に至ったのか。関東大震災後や太平洋戦争後の復興計画から東京オリンピックにいたるまでのプランや歴史を丹念にたどるとともに、現代の都市計画の問題点を指摘する画期的な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 後藤新平と帝都復興計画
  • 2 帝都復興の思想と復興事業の遺産
  • 3 水辺のプロムナード・隅田公園
  • 4 神宮外苑の銀杏並木
  • 5 大東京の成立と新宿新都心のルーツ
  • 6 優美なアーバンデザイン・常盤台
  • 7 山の手の形成・区画整理と風致地区-郷土開発にかけた情熱
  • 8 宮城外苑-シビック・ランドスケープの思想
  • 9 東京緑地計画-グリーンベルトの思想とその遺産
  • 10 防空と建物疎開
  • 11 幻の環状三号線-戦災復興計画の理想と挫折
  • 12 東京オリンピックと首都高速道路
  • 終章 東京都市計画の負の遺産
  • 二一世紀の東京都市計画の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京都市計画物語
著作者等 越沢 明
書名ヨミ トウキョウ トシ ケイカク モノガタリ
書名別名 Tokyo toshi keikaku monogatari
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2001.3
ページ数 389, 9p
大きさ 15cm
ISBN 4480086188
NCID BA51001296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162914
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想