モーツァルト最後の年

H.C.ロビンズ・ランドン 著 ; 海老澤敏 訳

1791年-最晩年の約一年、モーツァルトはどこへ行き、何をしていたのか。12月5日に亡くなるまでの、判明するかぎりの事実を、証言と記録で克明に跡づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フランクフルトの戴冠式
  • 第2章 モーツァルトのウィーン
  • 第3章 オーストリア首都における演奏活動
  • 第4章 宮廷のための舞曲
  • 第5章 転機到来-大聖堂楽長に就任なるか?
  • 第6章 フリーメイスンの暗黒時代
  • 第7章 ある田舎貴族のための『レクイエム』
  • 第8章 プラハへの旅
  • 第9章 戴冠式日誌
  • 第10章 『魔笛』
  • 第11章 最後の病気
  • 第12章 作り話と毒殺説
  • 第13章 コンスタンツェ-一つの弁護

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 モーツァルト最後の年
著作者等 Landon, H. C. Robbins
Landon, Howard Chandler Robbins
海老沢 敏
Landon H.C.Robbins
ランドン H.C.ロビンズ
書名ヨミ モーツァルト サイゴ ノ トシ
書名別名 1791 Mozart's last year
出版元 中央公論新社
刊行年月 2001.2
ページ数 396p
大きさ 20cm
ISBN 4120031144
NCID BA50969047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20170911
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想