医療社会学のフロンティア

黒田浩一郎 編

病気とは何か。医療とは何か。健康とはいったい何なのか。社会学の眼で現代医療を見つめなおす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 医療社会学の視座(医療社会学の前提
  • 史的システムとしての近代医療)
  • 第2部 科学・専門職・国家(抗生物質という神話
  • 医師とソーシャルワーカーの専門職化-A.フレクスナーの及ぼした影響を中心に
  • 衛生行政政策の社会的機能-明治初期京都府による塵芥処理政策を事例として)
  • 第3部 患者・新生児・女性・農村(現代日本における患者団体の機能
  • NICU(新生児集中治療室)の社会学
  • 「更年期」-医療化された女性の中高年期
  • メディアで語られる健康-沢内村の語りの構図)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療社会学のフロンティア
著作者等 黒田 浩一郎
書名ヨミ イリョウ シャカイガク ノ フロンティア : ゲンダイ イリョウ ト シャカイ
書名別名 現代医療と社会

Iryo shakaigaku no furontia
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2001.3
ページ数 234, 5p
大きさ 19cm
ISBN 4790708632
NCID BA50960960
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20173141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想