ゲノムが世界を支配する

中村祐輔, 中村雅美 著

21世紀の重要な産業基盤となることが確実なゲノム研究。その進展は医学に大きな恩恵をもたらす一方、医療経済、食糧経済に風穴を空け、やがて国家経済を左右する可能性さえある。将来の国の浮沈がかかっているのだ。日本で、世界で、ゲノム研究をめぐり何が起こっているのか?ゲノム研究の第一人者が大警告!国家間の覇権争いと化した科学技術競争の衝撃。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 応用段階に入るヒトゲノム研究
  • 第1章 遺伝子が支配する二一世紀-なぜ世界はゲノムに注目するのか
  • 第2章 ゲノム戦争最前線-新時代の金鉱を手にするのは誰か
  • 第3章 夢の治療法・オーダーメイド医療の可能性-間近にきている新しい医療の姿
  • 第4章 日本はゲノム競争に勝ち残れるか
  • 第5章 ゲノムテクノロジーの光と影-ゲノム情報が社会に及ぼす影響
  • 第6章 遺伝子組み換え作物をめぐる攻防-欧米企業がねらう世界の農業支配
  • 第7章 ゲノムの世紀を生きる術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲノムが世界を支配する
著作者等 中村 祐輔
中村 雅美
書名ヨミ ゲノム ガ セカイ オ シハイスル
書名別名 Genomu ga sekai o shihaisuru
出版元 講談社
刊行年月 2001.2
ページ数 234p
大きさ 20cm
ISBN 406210444X
NCID BA5095889X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158146
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想