経路積分と対称性の量子的破れ

藤川和男 著

本書の主張は、量子異常とは量子論の基礎をより深く理解する試みの一つであり、したがって場の理論の枠組みを越えて、より広い意味での量子論全体に影響を及ぼしうる基礎的な概念であるというものである。この例として、光の位相演算子の問題を議論する。このような個別的なテーマの議論と並んで、本書で示したいのは、対称性の量子的な破れという非常に微妙な現象を理解するために場の理論で生み出された手法あるいは技法は、同時に非常に広い分野の現象を明瞭に理解する手段を提供するという事実である。このために、最後の章で2次元の場の理論の諸現象を取り上げ、解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 くり込み理論の誕生と対称性の量子的破れの発見
  • 2 Feynmanの経路積分とSchwingerの作用原理
  • 3 光の量子論と位相演算子
  • 4 場の理論の正則化とカイラル対称性の量子的破れ
  • 5 経路積分のヤコビアンと対称性の量子的破れ
  • 6 ゲージ対称性の量子的破れ
  • 7 Weyl対称性の量子的破れとくり込み群
  • 8 重力量子異常と一般座標変換の量子的破れ
  • 9 格子ゲージ理論における指数定理とカイラル量子異常
  • 10 2次元の場の理論とボソン化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経路積分と対称性の量子的破れ
著作者等 藤川 和男
書名ヨミ ケイロ セキブン ト タイショウセイ ノ リョウシテキ ヤブレ
シリーズ名 新物理学選書
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.2
ページ数 289p
大きさ 22cm
ISBN 4000074156
NCID BA50914409
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162391
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想