恥 : 社会関係の精神分析

セルジュ・ティスロン 著 ; 大谷尚文, 津島孝仁 訳

個人と集団を結ぶ複雑な情動であり、個人の行動規範ともなる"恥"に精神分析の光を当て、恥をめぐる従来の諸説や恥に関する病理のさまざまな症例を検討しつつ"恥"を対人関係・社会関係再構築の重要な要素として積極的に評価する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 精神分析における恥へのアプローチの多様性
  • 第2章 恥の備給と対象
  • 第3章 恥のいくつかの具体的状況にかんする研究
  • 第4章 恥の家族的伝達
  • 第5章 恥の管理
  • 第6章 恥の置き換え
  • 第7章 治療の実践において恥として(について)考える
  • 第8章 恥の精神療法的アプローチ-イマージュの媒介

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恥 : 社会関係の精神分析
著作者等 Tisseron, Serge
大谷 尚文
津島 孝仁
ティスロン セルジュ
書名ヨミ ハジ : シャカイ カンケイ ノ セイシン ブンセキ
書名別名 La honte

Haji
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 716
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2001.3
ページ数 266, 12p
大きさ 20cm
ISBN 4588007165
NCID BA50903606
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164606
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想