精神と自然 : 生きた世界の認識論

グレゴリー・ベイトソン 著 ; 佐藤良明 訳

ニューギニアの部族から核競争に走る大国まで、精神分裂症患者から学習するイルカまで、発生中の卵から進化の歩みを続ける地球生命圏まで、「生きた世界」をまるごと考えることで、諸学の進化をもたらしたベイトソンが平明に説く、マインドの宇宙の統一的ヴィジョン。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 イントロダクション
  • 2 誰もが学校で習うこと
  • 3 重なりとしての世界
  • 4 精神過程を見分ける基準
  • 5 重なりとしての関係
  • 6 大いなる確率的過程
  • 7 分類から過程へ
  • 8 それで?
  • 付記 時の関節が外れている

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神と自然 : 生きた世界の認識論
著作者等 Bateson, Gregory
佐藤 良明
ベイトソン グレゴリー
書名ヨミ セイシン ト シゼン : イキタ セカイ ノ ニンシキロン
書名別名 Mind and nature
出版元 新思索社
刊行年月 2001.2
版表示 改訂版.
ページ数 325p
大きさ 20cm
ISBN 4783511764
NCID BA50895687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20219788
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想