暗黒のアチェ : インドネシア軍による人権侵害

TAPOL 著 ; 南風島渉 訳

本書は、インドネシア・アチェ特別州の最近の情勢について、その全体像を把握することを目的としている。アチェでは分離独立闘争が起きており、その結果、この地域では二〇年以上にわたって国家による組織的な暴力が行使されてきた。民間人の人権を弾圧してきた、現在もつづいている衝突の因果関係が何なのか、考察をする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 軍事作戦地域(DOM)時代
  • DOM解除と新たな軍事作戦
  • 中央政府のアチェ問題への対応
  • 結びと提言
  • その後のアチェ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暗黒のアチェ : インドネシア軍による人権侵害
著作者等 TAPOL
南風島 渉
Tapol
書名ヨミ アンコク ノ アチェ : インドネシアグン ニ ヨル ジンケン シンガイ
書名別名 A reign of terror

Ankoku no ache
シリーズ名 ニンジャ・ブックレット no.4
出版元 インドネシア民主化支援ネットワーク : コモンズ
刊行年月 2001.1
ページ数 83p
大きさ 21cm
ISBN 4906640931
NCID BA50863330
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20148659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想