心理療法と因果的思考

川嵜克哲 ほか著

心理療法の場合、疾患の「原因」や「必然性」を明確にできることは少なく、またそれを特定したとしても、それによって障害を除去することは不可能に近いという。ならば、クライエントの「なぜこんなことになったのか」「この苦しみから逃れるためにはどうしたらいいのか」という叫びにどう応えられるのか。心理療法にとっての「真理」とは何なのか-。人間が生きていくうえで、どうしても不可欠と考えられる哲学、宗教、教育などは、心理療法とどう関連するのか。心理療法の現場における最新・最大の話題、研究の最先端を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 総論 心の現象と因果律
  • 心理療法において因果律が揺らぐことの意義とその諸形態について
  • 症状のもつ「意味」について
  • 因果性の虚構とこころの現実
  • 心理療法における真理と現実性
  • 対談 因果的思考を超えて(長谷川真理子+河合隼雄)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理療法と因果的思考
著作者等 大山 泰宏
川崎 克哲
桑原 知子
河合 俊雄
河合 隼雄
長谷川 真理子
書名ヨミ シンリ リョウホウ ト インガテキ シコウ
シリーズ名 講座心理療法 / 河合隼雄 総編集 第7巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.2
ページ数 233p
大きさ 22cm
ISBN 4000265679
NCID BA50859639
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想