GIS-地理学への貢献

高阪宏行, 村山祐司 編

本書は、地理学の諸分野にGISはいかに貢献するのか、その有用性について検討することを目的としている。GISを利用した実証研究の成果やファクト・ファインディングよりも、ここでは方法論に力点をおき、伝統的な手法と対比させながら、GISの特長について広範かつ深い議論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 地理学とGIS
  • 第1部 自然的分野(地形学とGIS
  • 気候学とGIS
  • 水文学とGIS
  • 土地生態学とGIS ほか)
  • 第2部 人文的分野(都市地理学とGIS
  • 人口地理学とGIS
  • 商業地理学とGIS
  • 時間地理学とGIS ほか)
  • 第3部 理論・応用的分野(計量地理学とGIS
  • 地図学とGIS
  • 空間分析とGIS
  • 都市解析とGIS ほか)
  • 結論 GISの発展に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 GIS-地理学への貢献
著作者等 村山 祐司
高阪 宏行
書名ヨミ GIS チリガク エノ コウケン
書名別名 GIS chirigaku eno koken
出版元 古今書院
刊行年月 2001.2
ページ数 384p
大きさ 23cm
ISBN 4772240233
NCID BA50859162
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想