細胞工学入門 : 細胞増殖を正および負に調節する因子

小田鈎一郎 著

本書は学部高学年、大学院生を主な対象とし、真核細胞を扱う分子生物学の研究に携わる若い人達のために書かれたものである。細胞工学への入門書であるが実験手法の詳細を記述したものではなく、実験手法の原理を分かり易く解説し、その意味を理解していただくことを目的としている。細胞を扱う上で理解しておくことが望ましい諸々の生命現象も併わせて解説した。それぞれの生命現象を解明するのにどのような実験手法が用いられるのか、その関連も理解していただくことを目標としている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 哺乳動物細胞を培養する
  • 2章 細胞のシグナル伝達
  • 3章 細胞周期の進行を正および負に調節する因子
  • 4章 組換えDNAの作製と遺伝子のクローニング
  • 5章 細胞への遺伝子導入とその発現制御
  • 6章 遺伝子の構造解析とDNA増幅
  • 7章 遺伝子の発現調節とその産物の解析
  • 8章 固体レベルでの遺伝子解析(将来への展望)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 細胞工学入門 : 細胞増殖を正および負に調節する因子
著作者等 小田 鈎一郎
書名ヨミ サイボウ コウガク ニュウモン : サイボウ ゾウショク オ セイ オヨビ フ ニ チョウセツスル インシ
出版元 共立
刊行年月 2001.3
ページ数 350p
大きさ 26cm
ISBN 4320055713
NCID BA5085824X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想