ことばとジェンダー

中村桃子 著

"ことばを使う行為"を通して、私たちはどのような女/男であろうとしているのか。"ことば…"はジェンダーの権力関係にどう左右されるのか/どう変革しているのか。ジェンダーに関するイメージ・規範・カテゴリーは"ことば…"によってどのように作り上げられ正当化され普及しているのか?研究史と最新の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 フェミニズムから見た「言語とジェンダー研究」
  • 1章 レイコフとスペンダーの残したもの
  • 2章 社会言語学における「性差研究」とは? 3章 ディスコース分析-異性間と同性間の会話はどうちがうのか
  • 4章 「言語とジェンダー研究」の三つのモデル「支配モデル」「文化差モデル」「劣った言語モデル」
  • 5章 ジェンダーの構築
  • 6章 男性性の構築
  • 7章 女性性・メディア・消費
  • 8章 セクシュアリティ
  • 9章 イデオロギーとしての日本語の「女ことば」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばとジェンダー
著作者等 中村 桃子
書名ヨミ コトバ ト ジェンダー
出版元 勁草書房
刊行年月 2001.2
ページ数 227, 22p
大きさ 19cm
ISBN 4326652470
NCID BA50779438
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20157699
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想