グローバリゼーションと戦争責任

金子勝, 高橋哲哉, 山口二郎 述

このブックレットは、二〇〇〇年一一月一一日、北海道大学で行われたシンポジウム「二一世紀の政策アジェンダ」(北海道大学大学院法学研究科附属高等法政教育研究センター主催)の記録です。「反グローバリズム」の旗手、金子勝と、「戦後責任論」によって戦後世代の戦争責任について新しい理論的地平を切り開いた高橋哲哉を招いて議論を行った。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • グローバリゼーションの中の責任
  • 戦争責任を果たす意味
  • 討論・グローバリズムとナショナリズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーションと戦争責任
著作者等 山口 二郎
金子 勝
高橋 哲哉
書名ヨミ グローバリゼーション ト センソウ セキニン
書名別名 Gurobarizeshon to senso sekinin
シリーズ名 岩波ブックレット no.530
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.2
ページ数 63p
大きさ 21cm
ISBN 4000092308
NCID BA50774026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162339
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想