心とは何か

足立自朗 [ほか]編

本書で扱われているテーマは多岐にわたるが、いずれの論考も直接的にあるいはインプリシットに、心理学と諸学とが「心」や「心的現象」をめぐって対話する内容を含んでいる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 心は脳かコンピュータかそれとも-シンポジウム記録より(企画者の趣旨:心はコンピュータ?脳?それとも心?
  • 心機能場の実現に向けて-心に迫る情報科学
  • 心に迫る脳生理学
  • L(brain=mind)・M(brain=computer)-相互モデル論の提案
  • クオリアと因果的物語論
  • 指定討論:哲学者のみる、心・脳・コンピュータ問題)
  • 第2部 研究会(「心の科学の基礎論」研究会)討論の記録(人工知能と心理学
  • 心の科学-物理学からのアプローチ
  • 進化論と心理学
  • エスノメソドロジーと心理学
  • ウィトゲンシュタインと心理学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心とは何か
著作者等 月本 洋
渡辺 恒夫
石川 幹人
足立 自朗
書名ヨミ ココロ トワ ナニカ : シンリガク ト ショカガク トノ タイワ
書名別名 心理学と諸科学との対話
出版元 北大路書房
刊行年月 2001.2
ページ数 343p
大きさ 22cm
ISBN 4762822043
NCID BA50765885
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155347
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想