中世イタリア都市国家成立史研究

佐藤眞典 著

本書は、「都市の国」であるイタリアの地域社会がどのようにして、形成・確立したかを研究したものである。具体的には、興隆してきた北イタリアの都市コムーネが12世紀後半、帝国の再建に粉骨砕身するフリードリッヒ=バルバロッサと戦いつつ、「政治的独立」を達成していく過程と、その都市コムーネが司教に代わってどのようにして農村領域を集約し、地域に深く根を下ろしていったか、その領域支配の確立過程を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • イタリアの中世都市と研究課題
  • 第1部 帝国内における都市コムーネ体制の確立-フリードリッヒ=バルバロッサとイタリア諸都市(『フリードリッヒの事績』にみるイタリア支配の論理
  • バルバロッサとミラノ市
  • バルバロッサに破壊された中・小都市
  • バルバロッサと小都市ローディ
  • バルバロッサに対抗するロンバルディア都市同盟)
  • 第2部 領域内における都市コムーネ体制の確立(司教と都市-司教の世俗的支配権の実態
  • 国王証書にみる司教と都市コムーネ
  • 領域支配権の司教から都市コムーネへの移行-12・3世紀中部イタリアの中都市ピストイアの農村支配の分析から
  • 中都市の都市条例にみるコムーネ体制-ピストイアの12世紀と1296年の都市条例の分析から
  • 都市コムーネによる領域支配の確立-ピストイアの農村ポデスタ制)
  • フリードリッヒ=バルバロッサとイタリア諸都市に関する研究史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世イタリア都市国家成立史研究
著作者等 佐藤 真典
書名ヨミ チュウセイ イタリア トシ コッカ セイリツシ ケンキュウ
書名別名 Chusei itaria toshi kokka seiritsushi kenkyu
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 40
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2001.2
ページ数 447, 21p
大きさ 22cm
ISBN 4623032841
NCID BA50745345
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20157974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想