耳鼻咽喉科看護の知識と実際

森山寛 編著

人間にはいわゆる五感といわれるものがあるが、耳鼻咽喉科はそのうちの嗅覚、味覚、聴覚、触覚に深い関係を有している。また、人間が生存するために必要な呼吸、嚥下、咀嚼、平衡機能に大きく関わり、さらに人間が社会生活を営み、文化を発展させていく上で欠かすことのできない会話(コミュニケーション)の根源である、聴覚と構語機能(発声)を扱っている。これらの機能はデリケートな部分も多く、患者の訴えもさまざまである。また患者は、手術を含めた治療の結果に不安を抱いており、特に協力者(co‐worker)である看護婦の役割が重要となる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の看護
  • 2 耳鼻咽喉科・頭頸部外科の解剖生理
  • 3 主な疾患とその治療・看護(内耳
  • 中耳
  • 鼻・副鼻腔疾患と治療
  • アレルギー性鼻炎・花粉症の治療の実際
  • 睡眠時無呼吸症候群と扁桃・アデノイド肥大の病態と看護
  • 頭頸部悪性腫瘍の治療
  • 音声障害の病態と看護
  • 小児の耳鼻咽喉科疾患の治療と看護
  • 気道・食道異物の治療と看護)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 耳鼻咽喉科看護の知識と実際
著作者等 森山 寛
書名ヨミ ジビ インコウカ カンゴ ノ チシキ ト ジッサイ
シリーズ名 The best nursing
出版元 メディカ
刊行年月 2001.2
ページ数 231p
大きさ 26cm
ISBN 4840400814
NCID BA50713509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20220143
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想