中世の芸術

グザヴィエ・バラル・イ・アルテ 著 ; 西田雅嗣 訳

中世の人びとは、教会建築や彫像をどのようにつくりだしていったのか?本書は初期中世・ロマネスク・ゴシックという三つの時代区分を踏まえて、「西洋における中世芸術のすべて」をわかりやすく解説する。美術史・建築史の初学者に最適なハンドブック。用語解説・建築各部名称図付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中世芸術の観点(歴史、地理、年代
  • ビザンツ、西欧、そしてイスラム
  • 都市、城、そして修道院
  • 教会堂、扉口、回廊
  • クリュニー会とシトー会
  • 大聖堂
  • 芸術家、職人、そして施主)
  • 第2章 中世芸術の展開(古代末期と蛮族侵入期のヨーロッパ
  • カロリング朝の世界
  • 十世紀、オットー朝芸術、ロマネスク芸術の始まり
  • ロマネスク芸術
  • ゴシック芸術
  • 中世末期)
  • 第3章 中世芸術の研究(学問としての歴史-いくつかの道標
  • 史料
  • 考古学
  • 図像学
  • 記念建造物とその修復
  • 中世芸術の博物館)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世の芸術
著作者等 Barral i Altet, Xavier
西田 雅嗣
I Altet Xavier Barral
イ・アルテ グザヴィエ・バラル
書名ヨミ チュウセイ ノ ゲイジュツ
書名別名 L'art médiéval

Chusei no geijutsu
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2001.2
ページ数 166, 19p
大きさ 18cm
ISBN 4560058369
NCID BA50701805
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想