構築主義とは何か

上野千鶴子 編

人文諸科学に圧倒的な衝撃!理論的展開の経緯を明らかにするとともに、社会学・心理学・文学・人類学・歴史学などの分野で切り開いた地平を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 構築主義の系譜学
  • 第1章 臨床のナラティヴ
  • 第2章 言説分析と構築主義
  • 第3章 文学とジェンダー分析
  • 第4章 「文化」?「女」?-民族誌をめぐる本質主義と構築主義
  • 第5章 歴史学における構築主義
  • 第6章 構築主義と身体の臨界
  • 第7章 構築されるセクシュアリティ-クィア理論と構築主義
  • 第8章 「資本主義社会はもはや異性愛主義を必要としていない」のか-「同一性の原理」をめぐってバトラーとフレイザーが言わなかったこと
  • 第9章 構築されざるものの権利をめぐって-歴史的構築主義と実在論
  • 構築主義とは何か-あとがきに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 構築主義とは何か
著作者等 上野 千鶴子
中谷 文美
伊野 真一
加藤 秀一
北田 暁大
千田 有紀
竹村 和子
荻野 美穂
赤川 学
野口 裕二
飯田 祐子
書名ヨミ コウチク シュギ トワ ナニカ
書名別名 Kochiku shugi towa nanika
出版元 勁草書房
刊行年月 2001.2
ページ数 306, 10p
大きさ 20cm
ISBN 4326652454
NCID BA50694073
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162053
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想