桃花源記の謎を解く : 寓意の詩人・陶淵明

沼口勝 著

司馬睿氏の再興した東晋の王朝は勢いが衰え、反乱を平定した将軍劉裕は、朝廷の重臣たちを次々と陥れ弑逆していく。幕下にあった陶淵明は官途を離れ、田園に閑居して「飲酒」二十首などの詩歌を詠う。その詩文には実は当時の過酷な政争と劉裕が王位を簒奪するさまを幽憤する寓意があった。千数百年も読み解くことができなかった陶淵明の真意を著者はその謎を解く鍵を「易」のことばに見出して明らかにしていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「乞食」の詩から「桃花源の記」へ
  • 第2章 反骨の士韓延之への賛歌
  • 第3章 「飲酒」という詩題の寓意を解く
  • 第4章 「飲酒」詩の帰鳥のイメージを解く
  • 第5章 東晋王朝の百年をふり返って

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 桃花源記の謎を解く : 寓意の詩人・陶淵明
著作者等 沼口 勝
書名ヨミ トウカゲンキ ノ ナゾ オ トク : グウイ ノ シジン トウ エンメイ
書名別名 Tokagenki no nazo o toku
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2001.2
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4140019107
NCID BA50681184
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想