文化精神医学序説

酒井明夫 [ほか]編

20世紀後半、近代科学、そして医学は高度に発展を遂げた。しかし、その一方私たちは日常の臨床の場で、治療者と患者や家族間での臨床的リアリティのギャップに愕然とする。しかもそのギャップは深まる一方のように思われる。近代医療が内包するさまざまな問題点を真摯に受け止め、私たちが文化と心のフィールド・ワークの場で培ってきた知識を生かして、次代の医療文化を、そして精神医療を築く一つの歯車を動かす力となることを願って編み上げたのがこの一冊の本である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 文化精神医学の方法論(精神科臨床になぜエスノグラフィーが必要なのか
  • 精神科臨床とバフチンの思想-文化精神医学の方法論としての対話的民族誌のみ
  • 臨床誌clinico‐graphy試論-普遍‐文化結合‐個人症候群「複合」、臨床のエコロジー、あるいは臨床トポロジー論)
  • 第2部 精神科臨床とフィールドワーク(南島巫病論-文化精神医学からみた"神々の病い"
  • 微小文化の生成と葛藤-精神科急性期臨床の事例から
  • ススト(驚愕)-中米における自己完結的苦悩の解放システム)
  • 第3部 文化精神医学の実践的・理論的展開(旅する精神医学とオートポイエーシス-文化の扱いをめぐる第三の選択
  • 想像力と意味-性暴力と心的外傷試論
  • 文化依存(結合)症候群Culture‐bound syndromeの概念-精神医学史と文化精神医学との接点について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文化精神医学序説
著作者等 宮西 照夫
江口 重幸
酒井 明夫
下地 明友
書名ヨミ ブンカ セイシン イガク ジョセツ : ヤマイ モノガタリ ミンゾクシ
書名別名 病い・物語・民族誌

Bunka seishin igaku josetsu
出版元 金剛
刊行年月 2001.2
ページ数 250p
大きさ 22cm
ISBN 4772406794
NCID BA50678623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20160176
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想