免疫系のしくみ

Lauren Sompayrac 著 ; 大澤利昭 訳

本書は免疫系を横観して、その全体像をやさしく解説することを趣旨とした本である。免疫を学ぼうとする人が、まず読む本として、あるいは副読本として、もっと詳しい免疫学縦観教科書を読む傍ら本書を読めば、きっと免疫の理解が容易になるだろうし、初学者の域を脱した人でも本書により大いに知識が整理されるに違いない。しかもきわめて平易に書かれていて短い本であるから、覚悟して机にすわって読まなくても、立って電車の中でも短時日で読める気軽さがある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 概論
  • 2 先天免疫系
  • 3 B細胞と抗体
  • 4 MHC分子と抗原提示
  • 5 T細胞とサイトカイン
  • 6 リンパ系器官とリンパ球の往来
  • 7 寛容誘導とMHC拘束
  • 8 免疫病理学
  • 道を外れた免疫系
  • 9 がん細胞と免疫系

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 免疫系のしくみ
著作者等 Sompayrac, Lauren
大沢 利昭
書名ヨミ メンエキケイ ノ シクミ : メンエキガク ニュウモン
書名別名 How the immune system works

免疫学入門
出版元 東京化学同人
刊行年月 2001.2
ページ数 176p
大きさ 21cm
ISBN 4807905317
NCID BA50664119
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20161924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想