邪馬台国の考古学

石野博信 著

邪馬台国とは何か。女王卑弥呼の鬼道とは何か。最新の考古学成果をもとに2〜3世紀の古代日本の実像を描く。各地の居館・祭殿・墳墓の比較や、土器・鏡・織物など出土遺物を通して、邪馬台国の位置と時代を検証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 卑弥呼の居館と鬼道(卑弥呼の居館
  • 卑弥呼の鬼道)
  • 卑弥呼の鏡(地域による三世紀中葉の鏡
  • 三世紀中葉の日本列島の鏡種)
  • 卑弥呼の墓(卑弥呼の墓を求めて
  • 九州の大型墓 ほか)
  • 三世紀の列島内交流(各地域の外来系土器
  • 広域移動土器の動態)
  • 倭韓の墳上・墳中の建物(墓壙外柱穴と類似遺構
  • 墓壙内柱穴と類似遺構 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 邪馬台国の考古学
著作者等 石野 博信
書名ヨミ ヤマタイコク ノ コウコガク
書名別名 Yamataikoku no kokogaku
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 113
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2001.3
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 4642055134
NCID BA50662907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20158129
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想