自国史の行方 : オーストリアの歴史政策

近藤孝弘 著

ハイダー現象をもたらした歴史認識の陥穽。ナチズムへの加担をめぐる歴史認識の深刻な歪みを、「犠牲者神話」の闇に取り組む歴史教育の現場から浮き彫りにするとともに、歴史意識と国家像、ネーションと極右主義の清算されざる関係を鋭く問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに もう一つのオーストリア
  • 第1章 黒青連立政権の問いかけ
  • 第2章 歴史教科書が示す戦後オーストリア
  • 第3章 「過去」の抑圧
  • 第4章 追想の年一九八八年
  • おわりに オペラ座横に現れたコンテナ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自国史の行方 : オーストリアの歴史政策
著作者等 近藤 孝弘
書名ヨミ ジコクシ ノ ユクエ : オーストリア ノ レキシ セイサク
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2001.1
ページ数 231, 19p
大きさ 20cm
ISBN 4815803986
NCID BA50645125
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20150821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想