オスカー・ワイルド : 長くて、美しい自殺

メリッサ・ノックス 著 ; 玉井アキラ 訳

『サロメ』『幸福な王子』から『獄中記』まで世紀末文学の精華に、ワイルドは己れの未来を予見し物語化を計った-。運命のシナリオの如く作品世界を実生活で演じきり、人生の絶頂と奈落を生き抜いたワイルドの真実とは。精神分析的手法を駆使した画期的な世紀末芸術論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 『サロメ』-ワイルドの人生の終焉と、その発端において
  • 第2章 病気とインスピレーション
  • 第3章 手紙のなかのワイルド
  • 第4章 『まじめが肝心』の弁証法
  • 第5章 『獄中記』致し方のない死

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オスカー・ワイルド : 長くて、美しい自殺
著作者等 Knox, Melissa
玉井 暲
玉井 〓
ノックス メリッサ
書名ヨミ オスカー ワイルド : ナガクテ ウツクシイ ジサツ
書名別名 Oscar Wilde

Osuka wairudo
出版元 青土社
刊行年月 2001.3
ページ数 381p
大きさ 20cm
ISBN 4791758676
NCID BA5062018X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20215450
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想