共産主義から資本主義へ : 破局の理論

ミシェル・アンリ 著 ; 野村直正 訳

社会主義体制の崩壊と迷走する技術‐資本主義の現状を生の現象学の立場から考察し、政治・経済という理念の下に世界的規模で進行しつつある「個人の切り下げ」状況を、価値創造の力を衰退させる「生の危機」の状況として鋭く批判する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 個人の切下げ
  • 第2章 生きた個人に対立する「社会」、「階級」
  • 第3章 ファシズムの理論としてのマルクス主義
  • 第4章 ファシズムの原理
  • 第5章 生きた個人と「経済」
  • 第6章 資本主義体制における生と死
  • 第7章 死の帝国-技術‐経済的宇宙
  • 第8章 死と政治

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 共産主義から資本主義へ : 破局の理論
著作者等 Henry, Michel
野村 直正
アンリ ミシェル
書名ヨミ キョウサン シュギ カラ シホン シュギ エ : ハキョク ノ リロン
書名別名 Du communisme au capitalisme
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 713
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2001.2
ページ数 238p
大きさ 20cm
ISBN 4588007130
NCID BA50616794
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164607
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想