アフォーダンスの構想 : 知覚研究の生態心理学的デザイン

佐々木正人, 三嶋博之 編訳

「姿勢の定位」「包囲光」「生態音響学」「ダイナミック・タッチ」、そして「ダーウィン進化論の再読」「知覚‐行為の全地球史」まで、アフォーダンスのアイディアを具体化した、ラジカルな心理学研究のモデルが示される。認知科学に"生態学的転回"を告げる最重要論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 0 アフォーダンスの構想の源-ギブソン知覚システム論
  • 1 定位の生態学理論と前庭システム
  • 2 視覚情報による行為のタイミング制御
  • 3 いったい何が聞こえているんだろう?-聴くことによる事象の知覚へのエコロジカル・アプローチ
  • 4 ダイナミック・タッチ
  • 5 ダーウィン進化論の哲学-変化の諸法則
  • 6 知覚‐行為サイクルの熱力学的根拠

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフォーダンスの構想 : 知覚研究の生態心理学的デザイン
著作者等 三嶋 博之
佐々木 正人
書名ヨミ アフォーダンス ノ コウソウ : チカク ケンキュウ ノ セイタイ シンリガクテキ デザイン
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.2
ページ数 329p
大きさ 21cm
ISBN 4130111108
NCID BA50614267
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20168889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
いったい何が聞こえているんだろう? : 聴くことによる事象の知覚へのエコロジカル・アプローチ ウイリアム・W・ガーヴァー, 筧一彦, 黄倉雅広
アフォーダンスの構想の源 : ギブソン知覚システム論 佐々木 正人
ダイナミック・タッチ マイケル・T・ターヴェイ, 三嶋 博之
ダーウィン進化論の哲学 : 変化の諸法則 エドワード・S・リード, 細田直哉
定位の生態学理論と前庭システム ゲーリー・E・リキオ, トーマス・A・ストッフレーゲン, 伊藤精
知覚-行為サイクルの熱力学的根拠 マイケル・T・ターヴェイ, ロッドニー・スヴェンソン, 土明
視覚情報による行為のタイミング制御 デヴィット・N・リー, デヴィット・S・ヤング, 堀口裕美
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想