だれが「本」を殺すのか

佐野眞一 著

活字離れ、少子化、出版界の制度疲労、そしてデジタル化の波-いま、グーテンベルク以来の巨大な地殻変動。未曾有の危機に、「本」が悲鳴を上げている!!この「事件」を、豪腕「大宅賞」作家が取材・執筆に丸2年1千枚に刻み込んだ渾身のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 本の悲鳴が聞こえる!
  • 第1章 書店-「本屋」のあの魅力は、どこへ消えたのか
  • 第2章 流通-読みたい本ほど、なぜ手に入らない?
  • 第3章 版元-売れる出版社、売られる出版社
  • 第4章 地方出版-「地方」出版社が示す「いくつかの未来図」
  • 第5章 編集者-「あの本」を編んでいたのは、だれか
  • 第6章 図書館-図書館が「時代」と斬り結ぶ日
  • 第7章 書評-そして「書評」も、消費されていく
  • 第8章 電子出版-グーテンベルク以来の「新たな波頭」
  • エピローグ 「本」の生死をわけるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 だれが「本」を殺すのか
著作者等 佐野 真一
書名ヨミ ダレ ガ ホン オ コロスノカ
書名別名 Dare ga hon o korosunoka
出版元 プレジデント社
刊行年月 2001.2
ページ数 461p
大きさ 20cm
ISBN 4833417162
NCID BA5057855X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20157801
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想