ハイデガーと実践哲学

A.ゲートマン=ジーフェルト, O.ペゲラー 編 ; 下村[エイ]二, 竹市明弘, 宮原勇 監訳

「ハイデガーは自分を政治的にどう理解していたか」の問いを皮切りに、その現象学、行為概念と実践哲学の問題性、教育学・芸術学・神学など多方面に与えた衝撃、さらにアーレントやレヴィナスらの思想営為との関連を展望する、ペゲラー、オットら14人の多彩な論考を集成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 政治的次元(ハイデガーは自分を政治的にどう理解していたか(オットー・ペゲラー)
  • マルティン・ハイデガーと国家社会主義(フーゴー・オット)
  • 堅固にして重厚なものへの憧憬-ハイデガーの一九二九/一九三〇年の講義『形而上学の根本概念』におけるナチス・アンガージュマンへの素因となる動機について(ヴィンフリート・フランツェン) ほか)
  • 2 倫理的基礎付け(哲学の現在的状況-根本気分についてのハイデガーの現象学(クラウス・ヘルト)
  • 『存在と時間』におけるハイデガーの行為概念(カール・フリードリヒ・ゲートマン)
  • ハイデガーと実践哲学(ゲロルト・プラウス) ほか)
  • 3 諸科学に対する衝撃(同化、拒絶、鼓舞-教育学がハイデガーに対してとる三つの態度(ケーテ・マイヤー=ドラーヴェ)
  • マルティン・ハイデガーと芸術学(アンネマリー・ゲートマン=ジーフェルト)
  • ハイデガーと神学(リヒャルト・シェフラー))
  • 4 ハイデガーの周辺(「それは与える」(Es gibt)-ハイデガー、そしてナトルプの「実践哲学」(クリストフ・フォン・ヴォルツォーゲン)
  • 哲学とナチズム(エルンスト・ノルテ)
  • ハンナ・アーレントとマルティン・ハイデガー(エルンスト・フォルラート) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ハイデガーと実践哲学
著作者等 Gethmann-Siefert, Annemarie
Pöggeler, Otto
下村 鍈二
宮原 勇
竹市 明弘
Gethmann‐Siefert Annemarie
P¨oggeler Otto
ペゲラー オットー
下村 〓二
ゲートマン=ジーフェルト アンネマリー
書名ヨミ ハイデガー ト ジッセン テツガク
書名別名 Heidegger und die praktische Philosophie
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 550
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2001.2
ページ数 519, 12p
大きさ 20cm
ISBN 4588005502
NCID BA50554937
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20164613
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想