イスラム再訪  上

V.S.ナイポール 著 ; 斎藤兆史 訳

アラブの伝統のない土地で、イスラム教を受容するということは、文化的・社会的にどういう意味をもつのか。そして、それはそこに生きるひとりひとりの生に、どのような影響をおよぼすのか。イスラムと近代科学の融合による技術立国を目指す政府高官、都会で知識階級として身をたてながら村の暮らしを捨てきれない若者、殉教するはずだった戦いの数少ない生き残りである元軍人…。絶対的帰依を求める宗教と、連綿と受け継がれてきた自分たちの文化とのはざまで葛藤する改宗者たちの姿が、新しい叙述のスタイルとともに活写される。インドネシアからイラン、さらにパキスタンからマレーシア(下巻収録)へと続く、旅の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 インドネシア-N‐二五〇の飛行(時の人
  • 歴史
  • 改宗者
  • 聖地
  • 溶岩層の下
  • ああ、お母さん!ああ、お父さん!
  • 亡霊たち)
  • 第2部 イラン-アリの正義(被抑圧者財団
  • ジャフレイ氏の旅
  • 大戦争
  • 塩地
  • 牢獄
  • 殉教者
  • コム-懲罰者
  • 二つの部族)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イスラム再訪
著作者等 Naipaul, V. S.
Naipaul, Vidiadhar Surajprasad
斎藤 兆史
Naipaul V.S.
ナイポール V.S.
書名ヨミ イスラム サイホウ
書名別名 Beyond belief
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2001.1
ページ数 363p
大きさ 20cm
ISBN 4000221051
NCID BA50540535
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155250
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想