フッサール現象学の理路 : 『デカルト的省察』研究

工藤和男 著

本論考の特徴は、『デカルト的省察』を一つの完結した全体として読み解くことである。全集第一巻に収録された『デカカルト的省察』は、フッサールがほぼ二カ月で一気に書き上げ、ひとまず完結した著作と認めたものであり、むしろその思索のまとまりがフッサールの意図の一貫性を明瞭に示していると判断するからである。本書の執筆に当たって自らに課したのは、自分の解釈に都合の悪い部分を素通りする逃避を自分に禁じて、ともかくこの著作全体を貫くフッサールの意図を確定することであった。改めて確認できたのは、フッサールは驚くほど綱領的に一貫しており、しかも他の著作とも整合的に思索している、ということである。本書の題を少々大仰に『フッサール現象学の理路』とした所以である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現象学の理念と方法(デカルトから受け継ぐべきもの
  • 明証という方法理念 ほか)
  • 第2章 エゴの自己構成、世界と自我(エゴの解明という課題
  • 意識の相関的研究 ほか)
  • 第3章 相互主観的世界の構成(相互主観性論の構想と射程
  • 他ナルエゴおよび共通の自然の構成 ほか)
  • 第4章 根拠づけの現象学的理念(超越論的解明の必当然性
  • フィンク『第六省察』の問題提起 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フッサール現象学の理路 : 『デカルト的省察』研究
著作者等 工藤 和男
書名ヨミ フッサール ゲンショウガク ノ リロ : デカルトテキ セイサツ ケンキュウ
書名別名 Fussaru genshogaku no riro
シリーズ名 西洋思想叢書
出版元 晃洋書房
刊行年月 2001.2
ページ数 270, 18p
大きさ 22cm
ISBN 4771012113
NCID BA50538555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20162362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想