路地裏の大英帝国

角山榮, 川北稔 編

七つの海を支配し、世界にさきがけて産業革命を達成した一八〜一九世紀の英国。工業化と都市化にともなって、英国人の生活はどう変わったのだろうか?当時の都市文化・家庭観・食事・病気・召使い・レジャー・パブなどの日常生活に光をあてる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 都市文化の誕生
  • 2 家庭と消費生活
  • 3 白いパンと一杯の紅茶-庶民の食べ物
  • 4 病気の社会史-工業化と伝染病
  • 5 いざというときに備えて-保険金幼児殺人事件
  • 6 ヴィクトリア時代の家事使用人
  • 7 地方都市の生活環境
  • 8 リゾート都市とレジャー
  • 9 パブと飲酒

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 路地裏の大英帝国
著作者等 中野 保男
富山 太佳夫
川北 稔
川島 昭夫
村岡 健次
河村 貞枝
米田 清治
荒井 政治
見市 雅俊
角山 栄
書名ヨミ ロジウラ ノ ダイエイ テイコク : イギリス トシ セイカツシ
書名別名 イギリス都市生活史
シリーズ名 平凡社ライブラリー
出版元 平凡社
刊行年月 2001.2
ページ数 359p
大きさ 16cm
ISBN 4582763812
NCID BA50527118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20149127
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想