吉本隆明が語る戦後55年  2

吉本隆明 他著 ; 吉本隆明研究会 編

[目次]

  • 吉本隆明が語る戦後55年「第2回」戦後文学と言語表現論(「文学者戦犯リスト」への不服
  • 出発当初の『近代文学』派への共感
  • 主題主義的な作品への違和感
  • 普遍的な文学論としての『言語にとって美とはなにか』
  • 初めて想像力の問題を文学論で取りあげた服部達 ほか)
  • 「言語にとって美とはなにか」の世界的な水準
  • 古代歌謡論の展開と吉本隆明
  • 独立左翼論2
  • 日本の歴史ブームをめぐって

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉本隆明が語る戦後55年
著作者等 吉本 隆明
吉本隆明研究会
書名ヨミ ヨシモト タカアキ ガ カタル センゴ 55ネン
巻冊次 2
出版元 三交社
刊行年月 2001.2
ページ数 147p
大きさ 21cm
ISBN 4879192023
NCID BA50517577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20136444
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想