自然の歩き方50 : ソローの森から雨の屋久島へ

加藤則芳 著

大きな旅も小さな旅も、旅はいつのときでも、ぼくの輝きである。たとえ小さな旅ではあっても、ぼくにとっては大きな輝きの旅としていつまでも心の奥底に残っている。ところが、その数が増えるにしたがって、それぞれの輝きが、天蓋でいっせいに煌く星屑のように、ただ無秩序に散らばる輝きの束のようになってきた。ひとつ一つの旅を思い起こし、整理してみようという気になって書き進めていったのが、この自然旅50編である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 自然保護の聖地・ヨセミテ
  • 巨木巡り、森歩き
  • 憧憬の地、極地・辺境へ
  • 自然保護の原風景を訪ねて
  • 国立公園を歩く
  • 日本のアウトドア・フィールドへ
  • バックパッキングという歩き方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然の歩き方50 : ソローの森から雨の屋久島へ
著作者等 加藤 則芳
書名ヨミ シゼン ノ アルキカタ 50 : ソロー ノ モリ カラ アメ ノ ヤクシマ エ
出版元 平凡社
刊行年月 2001.1
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 458282952X
NCID BA50513113
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20153362
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想