学校ってなあに : 10代との対話

竹内常一 著

本書は、学校に抗して、自分つくりと関係変革と世界つくりを追求していった子ども、「学校とはなにか」という問いを教師たちにつきつけて、アイデンティティの自己選択・自己決定権を行使していった子どもの行動と意見を代弁する。また、かれらのアイデンティティの自己選択・自己決定を支援するために、学校を内部から改革しようとしてきた教師たちの試みを解読する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • くたばれ!「生活指導」
  • 支配と被支配の関係をのりこえる
  • いじめ・迫害の絶えないHR
  • 体罰に悩む新任教師
  • 学校から離脱・離反する子どもたち
  • 子どもの自分くずしと自分つくり
  • 10代前半の親密な友だち関係
  • 制度としての学校とコミュニティとしての学校
  • 友だちと共に生きる
  • 同質・同等の関係から異質・平等の関係へ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学校ってなあに : 10代との対話
著作者等 竹内 常一
書名ヨミ ガッコウ ッテ ナアニ : 10ダイ トノ タイワ
書名別名 Gakko tte nani
出版元 青木書店
刊行年月 2000.12
版表示 新装版.
ページ数 312, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4250200507
NCID BA50476709
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155640
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想