ウィリアム・ティンダル : ある聖書翻訳者の生涯

デイヴィド・ダニエル 著 ; 田川建三 訳

宗教改革の最中、「聖書を原典から英語に翻訳する」、それだけのことがもちえた巨大な歴史的貢献を余すところなく描き尽くす。16世紀以降の英語史・宗教史・社会史に計り知れない影響を与えた改革者の実像を再建する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 翻訳者の形成(グロスターシア
  • ティンダルのオクスフォード
  • ケンブリッジ、そしてまたグロスターシア)
  • 2 ギリシャ語から英語へ(ロンドンへ
  • ケルン、一五二五年
  • ヴォルムス、一五二六年)
  • 3 弾圧と論争(『悪しきマモン』
  • ティンダルとイングランドの政治
  • 『キリスト者の服従』
  • サー・トマス・モア)
  • 4 ヘブライ語と旧新約聖書(ティンダルの五書
  • 一五三四年の新約聖書
  • 『マシューの聖書』)
  • 5 殉職者(ヘンリー・フィリップスの登場
  • 裁判と処刑)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウィリアム・ティンダル : ある聖書翻訳者の生涯
著作者等 Daniell, David
田川 建三
ダニエル デイヴィド
書名ヨミ ウィリアム ティンダル : アル セイショ ホンヤクシャ ノ ショウガイ
書名別名 William Tyndale
出版元 勁草書房
刊行年月 2001.1
ページ数 788, 45p
大きさ 22cm
ISBN 4326101326
NCID BA50453543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20151012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想