植村正久 : その思想史的考察

武田清子 著

福音の本質を明確に捉え、日本プロテスタント教会の礎石的存在ともなった植村正久は、日本人の人間観、社会観、歴史観を革新するためにどのような問題提起をしたのか。その女性観、「自我」の確立、罪意識など具体的事例を通して近代思想史上に果した役割を考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 植村正久の人と思想
  • 2 横浜バンドの女性観-「『日本の花嫁』事件」をめぐって
  • 3 植村正久における新しい「自我」の確立
  • 4 明治プロテスタントの罪意識-植村正久を軸に
  • 5 進化論の受容方法とキリスト教
  • 6 近代科学摂取の三つの道-福沢諭吉、加藤弘之、植村正久を中心に
  • 7 弟子を送りつづけて地方教会を育てる-植村正久と札幌北一条教会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植村正久 : その思想史的考察
著作者等 武田 清子
書名ヨミ ウエムラ マサヒサ : ソノ シソウシテキ コウサツ
書名別名 Uemura masahisa
出版元 教文館
刊行年月 2001.1
ページ数 241p
大きさ 19cm
ISBN 4764263726
NCID BA50452620
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20292501
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想