農地転用論 : ドイツにおける農地の計画的保全と都市

高橋寿一 著

本書は、都市開発と農地の農業的利用に関する問題を、国際比較の対象としてドイツ法を取り上げて解説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 問題の所在
  • 第2章 土地利用計画準備段階と農業的土地利用-農林地取引法を素材として
  • 第3章 土地利用計画策定と農業的土地利用
  • 第4章 土地利用計画と開発利益の公共還元
  • 第5章 地方自治体と土地政策
  • 第6章 むすび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農地転用論 : ドイツにおける農地の計画的保全と都市
著作者等 高橋 寿一
書名ヨミ ノウチ テンヨウ ロン : ドイツ ニ オケル ノウチ ノ ケイカクテキ ホゼン ト トシ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2001.1
ページ数 291p
大きさ 22cm
ISBN 413036118X
NCID BA5043307X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155361
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想