平城京と木簡の世紀

渡辺晃宏 著

日本型律令制創出への長い試行錯誤。その過程で払われた、長屋王らの犠牲。権勢に踊り、敗れた者たちの乱の顛末。木簡をはじめ最新の発掘成果と、文献史料のフィードバックで、丹念に大胆に読み直す天平時代。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 律令国家としての出発
  • 第2章 平城京への道
  • 第3章 長屋王から光明皇后へ
  • 第4章 天平の日々
  • 第5章 大仏開眼への道
  • 第6章 平城京の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平城京と木簡の世紀
著作者等 渡辺 晃宏
書名ヨミ ヘイジョウキョウ ト モッカン ノ セイキ
書名別名 Heijokyo to mokkan no seiki
シリーズ名 日本の歴史 第4巻
出版元 講談社
刊行年月 2001.2
ページ数 366p
大きさ 20cm
ISBN 4062689049
NCID BA50432849
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想