計量社会学の誕生

A.L.ボウリー 著 ; 友枝敏雄 訳・解説 ; 速水聖子, 土井文博 訳

[目次]

  • 第1部 暮し向きと貧困(主要な結論の要約)
  • 第2部 貧困者は減少したか(序論
  • 採用した定義と一般的な手続き
  • ノーザンプトン
  • ウォリントン
  • レディング
  • ボルトン
  • スタンレー)
  • 解説 イギリス社会と貧困研究(19世紀中葉から20世紀初頭までのイギリス社会
  • ボウリーの調査の位置づけ
  • ボウリーの調査を生み出した時代と社会
  • 日本における貧困研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計量社会学の誕生
著作者等 Bowley, A. L. (Arthur Lyon), Sir
Bowley, Arthur Lyon
友枝 敏雄
土井 文博
速水 聖子
Bowley A.L.
ボウリー A.L.
書名ヨミ ケイリョウ シャカイガク ノ タンジョウ
書名別名 Livelihood and poverty
シリーズ名 社会学調査研究全書 2
出版元 文化書房博文社
刊行年月 2001.2
ページ数 322p
大きさ 21cm
ISBN 4830108517
NCID BA50419024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20155481
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想