郡司草 : 北千島の実情を語る

能戸英三 著

昭和31年刊の複製;著者の肖像あり;参考文献: p326~327

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 序 小林俊一
  • 自序
  • 北洋要図
  • 千島列島要図
  • 北千島要図(本文一七頁)
  • 占守島に於ける日ソ交戦地域図(本文二二五頁)
  • 解説
  • 千島列島の概要 / 3
  • 北千島とは / 6
  • 吹雪と熊(気象風土)
  • モルモット部隊 / 11
  • 地図の錯覚 / 18
  • 蛸時化 / 25
  • 夜の明けぬ朝 / 34
  • 最北端の燈台 / 42
  • 孤島の春(風光・生物)
  • 女のない国 / 49
  • ヘベフレニーと巡査 / 56
  • 陛下の御仁慈 / 63
  • 高山植物の花畑 / 69
  • 詩の山・アライト富士 / 75
  • 北千島音頭 / 82
  • 恵みの宝庫(産業・生活)
  • 乙女で賑わう盛漁期 / 95
  • 北洋漁業と安全港 / 102
  • 暖かい島 / 113
  • 文化の光 / 119
  • 島の生き字引 / 126
  • 北の護り(防衛)
  • 開拓の先駆 / 141
  • 島の訪れ / 152
  • 占守の警備 / 160
  • 勇士の歌声 / 166
  • 頼りの綱 / 174
  • 五千の新しい命 / 180
  • 神の助けか / 186
  • 島の受難(記録)
  • 北辺最初の空襲 / 197
  • 立派な少年航空兵 / 205
  • 決死の慰問団 / 213
  • ソ連軍の上陸 / 224
  • 停戦 / 233
  • 開拓の指針(再建)
  • 北千島の生活 / 245
  • 終戦後の北千島 / 259
  • 日ソ交渉と北千島の実情
  • ソ連軍千島列島占拠の本意
  • 千島列島の国際的価値 / 287
  • 領土復帰は国連が対象 / 289
  • 占守海峡の重要性 / 291
  • 鮭鱒魚道問題 / 294
  • 領土か、産業か
  • 領土権と漁業権 / 297
  • 領土返還とソ連軍の撤退 / 298
  • 南樺太問題 / 300
  • 不可侵条約破棄 / 301
  • 対ソ平和交渉
  • 文化の交流 / 303
  • 海獣猟獲 / 304
  • 北洋における港湾 / 305
  • 緩衝地帯の設定 / 306
  • カムチャッカ開発と貿易 / 308
  • 領土復帰要請の理由 / 310
  • 日本国民の国土的信念
  • 北千島の真価 / 313
  • 国土復帰不退転決意 / 316
  • 国民与論の統一 / 317
  • 『クリルアイランド』の判定
  • 千島列島の呼称 / 319
  • 「クリルアイランド」の解釈 / 320
  • 日本の判定を海外に闡明 / 322
  • あとがき / 325

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 郡司草 : 北千島の実情を語る
著作者等 能戸 英三
書名ヨミ グンジソウ
出版元 原書房
刊行年月 1979.7
ページ数 327p
大きさ 20cm
NCID BA50413800
BN05304733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82044712
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想