あふれる言語,あふれる文字 : インドの言語政策

鈴木義里 著

日本語さえ知っていれば不自由のなかった日本社会は今、転換を迫られている。多言語の「先進国」インドの状況を知ることは、日本の明日をさぐることへと通じる。本書では、言語と政治の関わりを、インドの言語政策を国家と州の両面から追究し、多言語の中で人びとが何と向き合い言語状況がどのように動いていこうとしているのかを明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 位置(社会言語学
  • 言語計画・言語政策 ほか)
  • 2 方法(インドの言語状況
  • インド連邦25州の典型はありうるか? ほか)
  • 3 連邦の言語政策(連邦公用語
  • 州公用語 ほか)
  • 4 州の言語政策(ケーララ州
  • カルナータカ州 ほか)
  • 5 国家語化と地域語化(多言語社会とはどういうことか
  • 単一言語社会と多言語社会 ほか)
  • 6 結論(方向
  • 多言語 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 あふれる言語,あふれる文字 : インドの言語政策
著作者等 鈴木 義里
書名ヨミ アフレル ゲンゴ アフレル モジ : インド ノ ゲンゴ セイサク
書名別名 Afureru gengo afureru moji
出版元 右文書院
刊行年月 2001.1
ページ数 305p
大きさ 21cm
ISBN 4842100044
NCID BA50396643
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20259562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想